映画の話 その46(ブルースブラザーズ)

72プラゴト
ジョン・ランディス監督の「ブルース・ブラザース」です。
すべての音楽ファンにとってマストの映画です。
R&Bファンには一生の宝物です。
ブルースブラザーズ2
あらすじは『ジョリエット・ジェイク(ジョン・ベルーシ)は強盗を働き、3年の刑期を終えてシカゴ郊外の刑務所(ジョリエット刑務所)を出所する。
弟のエルウッド(ダン・エイクロイド)が彼を迎えに来ていた。
兄弟はかつて育ててくれたカトリック系の孤児院に出所の挨拶に行くが、そこで孤児院が5000ドルの固定資産税を払えないため立ち退きの瀬戸際にあることを知る。
孤児院の危機を救うため援助を申し出る二人だが、犯罪で得た汚れた金は要らないと逆に院長に追い払われてしまう。
そこで孤児院で世話を焼いてくれたカーティスに相談するとジェームス牧師の移動礼拝に行けと言う。
二人は教会で説話を聞いている最中に「バンドを作れ」と神の啓示を受ける。
こうして昔のバンド仲間を探し出しあの手この手でバンドに引き入れ、音楽で金を稼いで孤児院を救う「聖なる任務」に立ち上がる。
行く手にはイリノイやシカゴの警官、州兵、マッチョなカントリー・ミュージック・バンド、ネオナチ極右団体、そしてジェイクの命を付けねらう謎の女が待ち受ける。
あらゆる伝手を使い、満席となった会場で“凱旋コンサート”を催し、舞台裏でレコード会社の契約を受けた二人はレコーディング費用として現金$10000を手付金で受け取る。
孤児院存続に充分な資金を得た二人はブルース・モービルに乗って追手を振り切りシカゴ市本庁舎に到着、クック郡を担当する窓口で期限前に納税を済ませるも、州警察や軍隊の総動員によって身柄を拘束され刑務所に収監される』というものです。
ブルースブラザーズ4
ブレードランナーを思わせる空撮から始まり、刑務所です。
ジェイクの出所ですがまだ顔を正面から映しません。
指に彫ったジェイクのタトゥのアップです。
やっと手続きを終えて門で待っているのは弟のエルウッドです。
エルウッドも顔を映さず、指に彫ったエルウッドのタトゥのアップです。
二人とも黒のスーツに黒のネクタイ、サングラスです。
二人は抱擁します。ここで顔がアップになり「SHE CAUGHT THE KATY」です。
上手い!と思わずうなってしまいます。
二人は中古のパトカー(ブルース・モービル)に乗って孤児院へ向かいます。
車の中ではサム&デイブです。
孤児院で働くカーティスこと伝説のキャブ・キャロウエイは、後のステージで素晴らしい「MINNIE THE MOOCHER」をきかせてくれます。
ジェームス牧師のシーンはもう最高で二人が啓示を受け踊りだすシーンでは身体が動きだしてしまいます。
初めはわからなかったのですが聖歌隊にチャカ・カーンがいたのです。
バンドメンバーを捜しに行くシーンも素晴らしいのですが特にギターのマット“ギター”マーフィを勧誘に行くシーンは最高です。
かみさんのアレサ・フランクリンの「THINK」にあわせてお店のお客全員が踊りだし、誘いにきたジェイクとエルウッドも踊りだし、怒られているマット・マーフィまで身体が動いてしまいます。
そしてレイの楽器店です。
ブルースブラザーズ5
レイの歌「SHAKE A TAILFEATHER」に合わせてバンドメンバーはもちろん、店の前の通行人全員で、ツイスト、モンキー、チキン、スイム、ジャーク、マッシュポテトなどのダンスを踊ります。
この映画のハイライトです。
バンドメンバーが揃い、レイの楽器店で楽器が揃い、いよいよステージです。
田舎のカウボーイの集まるバーで初演です。
金網越しのステージでジェイクのカウントで「GIMME SOME LOVIN' 」です。
鳥肌モノです。
カントリーしか聞かない客には大ブーイングです。
カントリーを知らないバンドはとっさにテレビ映画の主題曲♪ローレン♪ローレンの「THEME FROM RAWHIDE」です。そして「Stand By Your Man」で大成功です。
ブルースブラザーズ3
バンドはパレスホテルのボールルームで一夜限りのコンサートにこぎつけます。
しかし時間になっても二人は現れません。
そこで時間稼ぎでカーティスが「「MINNIE THE MOOCHER」を歌い会場を沸かせます。
ギリギリ到着した二人は「CAN'T TURN YOU LOOSE」で迎えられ、最初の曲「EVERYBODY NEEDS SOMEBODY」を歌います。
会場は大興奮状態です。
ブルースブラザーズ
続く「SWEET HOME CHICAGO 」の途中で二人は納税するために抜け出します。
警察との大迫力のカーチェイスがあります。
音楽映画のカーチェイスとは思えない素晴らしいカメラワークです。
何台のパトカーをクラッシュさせたのでしょうか。
無事納税を済ませるのですがこの税務署員がスピルバーグ監督のカメオ出演なのです。
エンディングは逮捕されたバンドが刑務所内で「JAILHOUSE ROCK」を演奏します。
乗ってきた囚人が踊りだすのですが、一番先に踊るのがイーグルスのジョー・ウォルシュです。
最後は囚人全員が踊りだします。
何回見ても楽しい映画です。
監督のジョン・ランディスを始め、出演者はもとよりこの映画に携わった人達のブルースやR&Bに対する愛情を感じます。ジョン・ベルーシの死は早すぎました。

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その53(シヴァ3 ナタラージャ)

PANATA099.jpg
シヴァ神を表すリンガとともに有名なシヴァ神の形態(ムルティ)はナタラージャと呼ばれるダンスのポーズです。
それゆえ舞踊王とも呼ばれ、その踊りは9つの型に分類され108のポーズがあります。
いずれも宇宙の創造、維持、破壊、幻惑、開放などを表していると言われます。
ナタラージャは寺院に彫刻されていますが、南インドでは12世紀頃から、ブロンズ像として沢山作られました。
1ナタラージャ12世紀
『あるときシヴァ神は、彼に敵対する宗派の集会を訪れた。
そこに集まった1万人聖仙に真の信仰を説こうとしたのである。
ところが彼らは呪文によってシヴァ神を苦しめようとした。
しかしシヴァ神に呪文は何の効き目もなかったので、聖仙達は獰猛なトラを出現させて襲いかからせた。
シヴァ神は微笑みながら小指の爪でトラの生皮を剥ぎ、身体にまとった。
怒った聖仙達は猛毒を持つ大蛇を出現させた。
シヴァ神はこれに対しても驚かずその大蛇を首にかけた。
聖仙達は今度は全身が真っ黒な小人の悪魔を出現させた。
小人の悪魔は棍棒を手に襲いかかったが、シヴァ神は小人を踏みつけるように踊り始めた。
聖仙達は無言のまま舞踏を見つめていたが次第に引き込まれ、霊妙なリズムが聖仙の心に波動となって響き渡り、眼も眩むほど見せられたのである。
すると突然天界が開けてそこから神々がシヴァ神の舞踏を見つめているのが見えた。
聖仙達はシヴァ神こそ真実の信仰を伝えるものと悟った。
そして、彼の足下にひれ伏して心の底から礼拝したのである』という話です。
PB030661.jpg
古代社会において、舞踏は宗教儀式と結びついた大変重要な行為です。
狂躁、陶酔、エクスタシーを伴う再生、創造を象徴する宗教儀式です。
シヴァ神が舞踏王とされるのは、彼自身がそうした狂躁行為を通じて宇宙を破壊し、さらには再生に導くという役割を担っていたからです。
ナタラージャ像における、腕の数は一定していません。4、8、10、16など様々です。
足元は矮人(小人の悪魔)を踏みつけています。
一般に足下には音楽隊や従者を引き連れています。
その中に特徴的なカーライッカル・アンマイヤール、三本足のブルンギもいます。
カーライッカル・アンマイヤールは狂信的なシヴァ信者です。
元は大変美しい女性でしたが、修行の邪魔になるので神に祈り、ガイコツのような容姿にしてもらいました。
ブルンギも狂信的なシヴァ信者です。
それでは石窟寺院におけるナタラージャの彫刻から見ていきます。
南インドのバーダーミの石窟は第4窟まであります。
バーダーミ第1窟(6世紀後半)はシヴァ神に捧げられた窟で入り口に素晴らしいナタラージャの彫刻があります。
CAVE-1.jpg
16腕ですごい迫力です。
多腕に不自然さはなく、足元にナンディとガネーシャ、打楽器奏者を従えています。
同じ南インドのアイホーレにあるラーヴァナパディ(6世紀後半)には細身のナタラージャが彫刻されています。10腕で蛇の使い方がとても上手です。足元にはガネーシャとスカンダが彫刻されています。写真には写っていませんが、スカンダの隣にはパールヴァティーが彫刻されています。
RAVANAPADI.jpg
7世紀前半のエローラの石窟にはたくさんのナタラージャの彫刻があります。
エローラ14窟のナタラージャは8腕で腰に巻いた蛇が印象的です。
E-CAVE14004.jpg
ミュージシャンと子供の手をひく女神が彫刻されています。
エローラ15窟のナタラージャは暗くてよく解りませんが8腕で伸び伸びした像です。
足下にはミュージシャン達がいます。
E-CAVE15013.jpg
エローラ16窟カイラーサナータ寺院のナタラージャは8腕で優しい感じがします。
残念なことに右足は失われています。
足下にはミュージシャン達です。
E-CAVE16028.jpg
エローラ21窟のナタラージャも暗くてよく見えませんが8腕で女性のような顔つきと身体で光背があります。
上部には神々が下部にはミュージシャンが描かれています。
股の間からカーライッカル・アンマイヤールがのぞいています。
E-CAVE21012_1.jpg
エローラ29窟のナタラージャはあまり良い出来ではありません。
ミュージシャンは上部に、そして神々が囲んでいます。
E-CAVE29011 2
開窟時期がはっきりしない(6〜8世紀)エレファンタ島の石窟にも素晴らしいナタラージャがあります。
8腕で腰から下は崩壊しています。
周囲をガネーシャやブラフマー神など沢山の神々に囲まれています。
ELEPHA088.jpg
同じくボンベイ近郊のMANDAPESVAR石窟にもナタラージャの大パネルがあります。
6世紀と言われ、エレファンタと同じような構図です。
8腕で同じように神々に囲まれています。
下部にはミュージシャンが彫られ、カーライッカル・アンマイヤールも見つかります。
MANDAPESVAR.jpg
彫刻ではありませんが同時期の彫像があります。
表情もスタイルもよく似ています。
足下にはナンディとミュージシャン、足の間にはダンサーも見えます。
素晴らしい彫像です。
シヴァグプタ
これら石窟寺院の彫刻は6世紀から8世紀のもので、とても迫力があり、おおらかです。
次回は寺院の彫刻を見たいと思います。

ホームページ  www.ravana.jp

食べ物の話 その17(バタークリームケーキ)

71ボロデウォ
現在ケーキの主流は生クリームですが、私の子供の頃のケーキはバタークリームが主流でした。
卵白とバターで作ったバタークリームはとても濃厚な味で、さらに日持ちがします。
冷蔵方法が確立していなかった昔は、必須条件でした。
お誕生日のバースデーケーキやクリスマスケーキなどのデコレーションケーキは最高でした。
白、ピンク、グリーンのカラフルなバタークリームの上にバラの花やチョコレートが乗ってさらに仁丹(アラザン)がまぶしてあるやつです。
ウエハースやビスケットも乗っていました。
その後、不二家のショートケーキを食べて以来、生クリームの虜になりましたが、最近あるきっかけでバタークリームのケーキを食べてその美味しさを再認識しました。
当時より材料が格段に良くなっているからです。
私のバターケーキベストスリーです。
順不同です。
まず子供の頃から通っている浅草オレンジ通りのアンヂェラスです。
アンヂェラス
創業昭和21年の老舗で昭和の香りが漂う山小屋風の作りで今でもほとんど変わっていません。
ここのオススメはバタークリームを使用したロールケーキ「アンヂェラス」です。
ビターなチョコレートとホワイトチョコレートの2種類があります。
次は創業昭和22年の銀座ウエストです。
エンゼルケーキ
コクのあるバター生地が特徴の「エンゼルケーキ 」、ココアスポンジとバタースポンジをモザイク状に組み合わせた「モザイクケーキ」、がおすすめです。
モザイクケーキ
3つ目は友人に教えてもらい、大フアンになった学芸大学駅のマッターホーンです。
チョコレートとバタークリームの組み合わせが絶品の「ダミエ」がオススメです。
ダミエ
もしお祝い事で、バタークリームのデコレーションケーキを頼むなら神田淡路町の近江屋洋菓子店です。
私の家が本郷にあったので本郷の支店によく行きました。
残念ながら本郷店は閉店してしまいました。
近江屋にはバタークリームで薔薇の花を作る飛び切りの職人さんがいるのでとても美しいデコレーションケーキができます。
近江屋
私の誕生日にはこのデコレーションケーキが食べたいのですが、誰も買ってくれそうもないので、自分で買うことにします。
東南アジア諸国ではまだまだバタークリームは現役です。
都会のケーキ屋さんは生クリームがメインですが、地方へ行けばとてもカラフルなバターケーです。
冷蔵のガラスケースはなく、ただのガラスケースに並んでいます。
あまりの美しさに、どうしても素通りできず見入ってしまいます。
娘を連れてタイ・ラオスの田舎へ旅行に行った時、ちょうど娘の誕生日だったものですから迷わずホテルの近くのケーキ屋でバタークリームたっぷりのバースデーケーキを買い、ホテルの部屋で食べました。
タイのケーキ
もちろん何事もなく全員無事でした。
日本ではこれからバタークリームの逆襲が始まるかもしれません。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その48(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)

ガンジーファ - 005
1960年代後半はウェストコーストサウンド全盛期で、ヒッピー文化とともに全てが西海岸のカリフォルニア、ロサンゼルスに向いていました。
ここは反体制的なカウンターカルチャーの発信基地であり、ヒッピー的思想、マリファナやLSDなどのドラッグ・カルチャーにより、新時代の若者文化の中心地でした。
音楽もドラッグの影響でサイケデリックになり、ファッションもカラフルな物が好まれるようになって行きます。
そんな中、ニューヨークから現れたヴェルヴェット・アンダーグラウンドは新鮮でした。
アンディ・ウォーホルの肝いりでデビューした彼らのファーストアルバム「The Velvet Underground and Nico」のジャケットはウォーホルのバナナでした。
ヴェルヴェッツ
僕らの合言葉は「バナナ聞いた?」です。
アルバムに入っている曲のタイトルを見てまた驚きです。
なんと「HEROIN」ですよ。
ウエストコーストでマリファナやLSDで盛り上がっているのにニューヨークではいきなりヘロインですよ。
また「VENUS IN FURS」ですよ。
あのマゾッホの「毛皮を着たビーナス」ですよ。
「黒い天使の死の歌」なんて言うのもあります。
絶対ウエストコーストサウンドのタイトルにはあり得ないタイトルです。
ファッションもウエストコーストとは大違いのビートニックです。
ヴェルヴェッツ2
このバンドはルー・リード(Vo、G)とジョン・ケイル(Viola、B)、スターリング・モリソン(G)、モーリン・タッカー(Ds)のヴェルヴェット・アンダーグラウンドにウォーホルの取り巻きのニコがボーカルで参加して作られました。
それではA面に針を落とします。
拍子抜けするような美しい「Sunday Morning」で始まります。
「I'm Waiting for the Man」は後のバンドに多大な影響を与えたルーリードのボーカルです。
「Femme Fatale」はニコのボーカルです。
綺麗な曲で決してうまいとは言えないが魅力のある歌い方とよくマッチしています。
やる気のないバックコーラスが良い。
「Venus in Furs」は好きな曲です。
サードイヤーバンドに音が似ていますね。
ヴェルヴェッツ3
「Run Run Run」とニコのボーカルの格調の高い「All Tomorrow's Parties」は後のパンクに多大な影響を与えたと思います。
B面は「Heroin」そしてポップな「There She Goes Again」続いてこれもポップなニコの「I'll Be Your Mirror」、「The Black Angel's Death Song」、ベースラインとノイジーなギターの「European Son」で終わりです。
当時は音楽自体よりも存在がかっこいいと思っていましたが、改めて聞くと、その影響力の大きさを実感するデビューアルバムで今聞いても全く色あせていません。
ヴェルヴェッツ4
ポール・オースター監督の映画「Blue in the Face」にルー・リードが出てきますがメチャクチャカッコいいです。
ルー・リードとキース・リチャーズは永遠の悪ガキです。

Ωベストアルバム 「The Velvet Underground and Nico」

ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その45(地獄の黙示録)

70エロワティ
コッポラ監督の大作「地獄の黙示録」です。
「ディア・ハンター」より先に作られましたが撮影が延びて公開は後です。
ベトナム戦争が泥沼の中にはまり込んだ時代です。
「ディア・ハンター」の衝撃が治まらないままテアトル東京へ行きました。
黙示録1
「ディア・ハンター」同様大変疲れた映画でした。
ベトナム戦争後期、陸軍空挺士官のウィラード大尉(マーティン・シーン)はサイゴンのホテルに滞在中、軍上層部に呼び出され、元グリーンベレー隊長のカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺指令を受ける。
カーツ大佐は米軍の意向を無視して山岳民族の部隊とともに国境を越え、カンボジアに侵攻し、王国を築いているらしい。
任務の出発点、ナン川には海軍の硝戒艇と若い4人の乗員が待っていた。
ウィラードは海軍の河川哨戒艇に乗り込み、乗組員に目的地を知らせぬまま大河を遡行する。
その中で一行は戦争の狂気を目の当たりにする。
黙示録6
ワーグナーの「ワルキューレの騎行」を流しながらの爆撃、サーフィンをするためにベトコンの前哨基地を襲撃する司令官(ロバート・デュヴァル)。
ジャングルに突如として出現したプレイメイトのステージ。
指揮官抜きで戦い続ける最前線の兵士。
プランテーションを経営するフランス人入植者達。
そして目的地に近づくにつれ、騒がしさは薄れ、静けさと静けさゆえの狂気がウィラードたちを包み込み始める。
原住民からの攻撃は、もはや現実の出来事とも思えない。
黙示録5
しかし現実に乗組員は死傷し、ウィラードは何とか王国にたどり着く。
出迎えたのは、狂った白人カメラマン。
彼の案内で、ウィラードは王国に入り、カーツ大佐と邂逅する。
黙示録4
カーツは自分がどんな地獄を見てきたかを語り“地獄を知らぬ者に私を裁く権利はない”と言う。
そしてウィラードに帰国したら息子へ真実を伝えて欲しいと依頼する。
さらに訓練された兵士は手を下すときに躊躇をしてはいけないと暗にウィラードを誘導する。
黙示録2
ウィラードはカーツが裏切り者の脱走兵ではなく誇り高い軍人としての死を望んでいることを悟り、カーツ殺害を実行する。
カーツは抵抗しようとはしなかった。
ウィラードはカーツの手記を持ち、ランスとともに川を下る。
黙示録3
軍から何度も無線の呼び出しがあるが、ウィラードは無線を切ってしまう。
今回、新たに見たのはコッポラ自身が49分のフッテージを追加した特別完全版です。
プランテーションを経営するフランス人入植者達のエピソードは必要だったのかわかりません。
オープニングはヤシのジャングルとヘリコプターで「ジ・エンド」のイントロが流れてきます。
ジム・モリソンのボーカルと同時にナパーム弾がジャングルを焼尽します。
マーティン・シーンの顔のアップと天井の扇風機。
扇風機の羽根とヘリコプターの羽がシンクロして始まります。
沢山のヘリが朝日の中を飛んでいきます。
前半の主役は間違いなくヘリコプターで脇役はロバート・デュヴァルです。
ヘリからのナパーム弾の投下はまるで仕掛け花火を見ている様です。
中盤の主役は乗組員のクリーン(ローレンス・フィシュバーン)です。
後半の主役はもちろんウィラードとカーツです。
脇役はデニス・ホッパーとカーツが居住するクメール寺院です。
この映画の主役であるウィラードもカーツも生死ぎりぎりの戦場でしか生きていけないPTSD(戦争後遺症)でお互いに似た者どうしであることを直感します。
「ディア・ハンター」でも主役の二人はPTSDです。
この2つの映画に共通するのは戦闘シーンがあまりないことです。
それにもかかわらず戦争の恐怖を描ききっていることです。
コッポラもチミノも完全主義者です。完全主義者バンザイ!

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp