FC2ブログ

石の巡礼 その5(隼人塚)

AA1_0279のコピー
隼人塚の写真を見て、以前から訪れて見たいと思っていました。
その写真は小山に石塔が3塔並んで建っており、その四方に石像が4基立っているものでした。
見た瞬間、韓国かと思いました。
石塔の形が韓国に似ているのです。
また石像(四天王)も韓国ぽいのです。
1隼人塚
説明によりますと古代南九州に住む人々は、熊襲(くまそ)・隼人(はやと)と呼ばれていました。
隼人は、奈良時代、律令制による薩摩国(薩摩半島を主とする地域)・大隅国(大隅半島を主とする地域)建国の以前から、大和朝廷に朝貢(ちょうこう)し、一部は奈良やその周辺に移住して朝廷に仕え、宮門の警護や儀礼などを担当していました。
「畿内隼人」と呼ばれたこれらの隼人とは別に南九州には、依然として大和朝廷に服従しない隼人がいて、しばしば反乱を起こしていました。
最も大きかったのは、養老4年( 720年)の反乱で、隼人が大隅国の国司を殺したことから、大和朝廷はそれを鎮定するため、大伴旅人を将軍に一万人ほどの兵隊を南九州に送ります。
一年数ヶ月に及ぶ戦いで、1400人余りの隼人が首を切られたり、生け捕りにされたと言われます。
12隼人塚
この反乱の後、隼人の霊を慰めるため宇佐神宮で始まった「放生会(ほうじょうえ)」が鹿児島神宮にも伝わり、祭りの神輿(みこし)が浜の市に下る途中、立ち寄って供養の儀式を行なったところが隼人塚だったと考えられています。
またここは正国寺跡とも言われています。
つまり誰がいつ、何のために建てたのか解らないのです。
まずは塔をみてみます。
向かって左側(西塔)と右側(東塔)はほぼ同じ大きさで、真ん中の中央塔が少し大きく作られています。
全て五重石塔で各層の各面には彫刻があります。
東塔の初層の各面には両脇に連子窓、中央に如来坐像を刻んでいます。
6東塔
2層から5層の軸部四面にも仏像が刻まれています。
7東正面
中央塔も同じですが保存状態が良くありません。
8中央塔60
初層正面には智拳印の大日如来と思われる如来坐像を刻みます。
9中央正面
そのほかは良くわかりません。
西塔は東塔と同じように初層の各面には両脇に連子窓、中央に如来坐像を刻んでいます。
10西塔
正面の坐像は定印の阿弥陀如来と思われます。
11西正面
四天王を見ます。
向かって右前列には東方を守る持国天が鎧に身を固めた姿で立っています。
3持国天
一番保存状態が良い像で邪鬼の上に立ち右手を振り挙げ、左手は剣を持ち斜めに構えています。
右足で邪鬼の頭を踏み、兜の正面には東南アジアで言うマカラのようなものが彫られています。
左前列は南方を守る増長天が剣を地面に差し両手で支えています。
4増長天
その後ろには西方を守る広目天が戟を地面に突き立てています。
邪気を踏みつけています。
2広目天
持国天の後ろには北方を守る多聞天が邪鬼の上に立っています。
5多聞天
平安時代後期の製作と言われていますが、似た石像物はありません。
私にはどうしても異国(新羅)の雰囲気がするのです。

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その53(エミット・ローズ)

ガンジーファ - 082
エミット・ローズをご存知ですか? 
私は知っています。
ラジオ局に勤める友人にもらったアルバム「Emitt Rhodes」は強烈な印象を私に与えました。
エミット・ローズ
「え、なにこれ、ポール?」と耳を疑いました。
その年はポールのソロアルバム「McCartney」がリリースされた年です。
「McCartney」は大好きなアルバムですがビートルズとは違うポールのプライベートな感じのアルバムでした。
「Emitt Rhodes」はまさにビートルズのポールのアルバムの様です。
Emitt Rhodesは何者か調べました。
エミット・ローズ5
ハイスクール時代にバンドを始め、最初はドラマーでした。
幾つかのバンドを経てギタリストになりボーカルも担当します。
作詞作曲も始めバンド「Merry-Go-Round」を結成します。
A&Mレーベルと契約し、67年にデビュー。
2枚のシングルと1枚のアルバムを残します。
エミット・ローズ2
しかしバンドメンバーとのいざこざから解散、人間関係に疲れ果てたエミットはソロをめざします。
ベースやキーボードもマスターしマルチプレイヤーになります。
自宅のガレージを改良してレコーディングスタジオを作ります。
4トラックのレコーダーを購入していよいよ本格的なレコーディングです。
ドラム、ギター、ベース、キーボード、ボーカル、コーラスとすべての楽器を一人で多重録音し、さらにプロデュース、アレンジ、エンジニアなど全てを一人でこなしました。
そしてできたアルバムが「Emitt Rhodes」です。
それでは一曲目から聞いてみます。
とても軽快で楽しい「With My Face On The Floor」は一曲目にぴったりです。
これでこのアルバムを聴いた人はビートルズあるいはポールとの関連を考えます。
そして2曲目の「Somebody Made For Me」のベースラインでポールを確信します。
なんて楽しい曲でしょう。
3曲目「She's Such A Beauty」でダメ押しです。
4曲目「Long Time No See」はまさにジョージのギターです。
5曲目「Lullabye」もポールが作りそうな子守唄です。
なんと敬愛するウェス・アンダーソン監督の「ロイヤル・テネンバウム」に使われているのです。
6曲目「Fresh As A Daisy」は「恋はひな菊」としてシングルカットされた名曲です。
エミット・ローズ4
B面一曲目「Live Till You Die」は佳作です。
2曲目「Promises I've Made」はベースラインがカッコ良く大好きな曲です。
3曲目「You Take The Dark Out Of The Night 」は普通の曲、4曲目「You Should Be Ashamed」はとても美しく、ヒット性のある曲、5曲目「Ever Find Yourself Running」はどこかで聴いたことのあるような懐かしい曲、6曲目「You Must Have」もポールが作りそうな曲です。
全曲を通してEmitt Rhodesの卓越したメロディーメーカーとしての才能と演奏力の高さを感じます。
さらにエンジニアとしての素質も感じました。
そしてビートルズに対する愛情を感じました。
エミット・ローズ6
その後数枚のアルバムをリリースしますが鳴かず飛ばずで消えてしまいます。
そしてなんと43年ぶりに「Rainbow Ends」というニューアルバムをリリースしました。
感想は皆さんで。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp



気になる話 その12(ヘンリー・ダーガー)

サンチ−2塔026
以前ある美術雑誌で「ヴィヴィアン・ガールズ」の挿絵を見てとても興味を持ちました。
この絵は正式なタイトル「非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコ―アンジェリニアン戦争の嵐の物語」という小説の挿絵です。
ヘンリーダーガー3
普通は「非現実の王国で」と呼ばれ、小説も挿絵もヘンリー・ダーガーと言う人が書いていることがわかりました。
ストーリは子供奴隷を使役するグランデニアという国と、ヴィヴィアン・ガールズ率いるキリスト教軍が戦うという戦史ものです。
グランデニアでは子供たちは親から引き離され、過酷な労働を強いられ、牢獄に監禁され、虐待されており、その解放を目指し、グランデニアと戦うのが7人の少女ヴィヴィアン・ガールズです。
ヘンリーダーガー4
非現実の世界では、あちこちに戦乱があり、ヴィヴィアン・ガールズはブレンギグ・ロメニアン・サーペンツ(通称ブレンゲン)という異形の怪物に助けを借りながら転戦していきます。
小説は1万5千ページを超える世界で最も長い長編小説ですが、全体をつなぐプロットはほとんど見られません。
ひたすらヴィヴィアン・ガールズを巡る冒険と戦いがくりかえされます。
ヘンリーダーガー5
素晴らしいのは小説ではなく挿絵です。
この絵を描いたヘンリー・ダーガーとはどんな人なのでしょうか。
1892年シカゴで生まれ、母は4才の時に亡くなり、父は体調がすぐれず、ヘンリーはカトリックの少年施設で過ごします。友人とコミュニケーションがとれず、12才の時に知的障害者の施設に移されます。
ヘンリーダーガー11
16才で施設を脱走し、260kmを歩いてシカゴに戻り、聖ジョゼフ病院の掃除人として働き始めます。
19才ので「非現実の王国で」の執筆を始めます。
73歳の時、掃除人の仕事を強制的にやめさせられ、できた時間で自伝を執筆します。
80才で病気のため救貧院に入り、翌年亡くなります。
ヘンリーダーガー2
親類も友人もなく、雑役夫として働いた病院と教会のミサを行き来するだけの貧しい生活でした。
そして死後、アパートの大家が荷物を片付けようと彼の部屋に入り目にしたものはタイプライターで清書された1万5145ページの戦争物語『非現実の王国で』とそのために描かれた300余点の大判の挿絵でした。
ヘンリーダーガー
ヘンリーはそこら中のごみ捨て場から新聞、雑誌、漫画、広告、を持ち帰り、必要な部分を切り抜きスクラップします。
そして必要なものをトレースしてさらに紙に転写します。
そうして「非現実の王国で」の挿絵が完成します。
ヘンリーダーガー6
ヘンリーは「アウトサイダー・アートの第一人者」と表現されることが多いいのですが、私がヘンリーを知った時は「アール・ブリュット」の代表的作家と呼ばれていました。
アール・ブリュット」とはフランス人画家ジャン・デュビュッフェが体制に叩きつけた美術の解放宣言で調整や加工されていない生の芸術のことです。
ヘンリーダーガー7
アウトサイダーというと60年代、高校の先生が薦めてくれたコリン・ウイルソンの「アウトサイダー」を思い出し、当時流行した社会常識にとらわれない独自の思想を持った一匹狼的な人達を想像してしまいます。
芸術にインサイド、アウトサイドという基準をつけるのは如何なものかと思い「アウトサイダー・アート」という言葉は好きではありません。
ヘンリーダーガー8
仕事と教会とゴミあさりの往復以外部屋に閉じこもり、60年間書き続けた彼の王国は誰にも知られずに焼却される予定でした。
ヘンリーダーガー9
それが世界中に広がり絶賛されて本にまでなりました。
人付き合いの嫌いな彼はどう思っているのでしょうか。
ヘンリーダーガー10
ヴィヴィアン・ガールズは無敵です。

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その57 (シヴァ7 象の魔神を退治するシヴァ) 

PANATA115.jpg
前回の「アンダカを退治するシヴァ 」と良く似た彫刻「象の魔神を退治するシヴァ Gajasamharamurti」の神話です。
「カーシー(ベナレス)にクリッティヴァーセーシュヴァラと呼ばれるリンガがあった。
そのリンガの周囲にバラモン僧が集まり、瞑想に耽っていた時、象に姿を変えた魔人が瞑想を妨害しようとした。
その時シヴァがリンガから姿を現し、その象を殺し、その皮をはぎ取り身につけた」という話です。
この像の見分け方は頭上で象の皮を拡げている、象の上で踊る、頭髪はボサボサである、などです。
まずはエローラのCAVE16窟(8世紀中頃)です。
CAVE16窟
1エローラ16
とても微妙な彫刻です。
象の上で踊っていませんが三叉戟で悪魔を刺していないので「象の魔神を退治するシヴァ 」としました。
南インドKANCHIPURAMのKAILASANATHA寺院(8世紀初め)の彫刻です。
この彫刻は本殿やマンダパではなくこれらを取り囲む小祠堂に彫刻されています。
KAILASANATHA寺院
2KAILASANATHA
象の皮を拡げ、象を踏みつけるシヴァです。
表面が漆喰で塗られていたのですがだいぶ剥がれてしまっています。
足元にはパールヴァティーがいます。
もう一つKAILASANATHA寺院(8世紀初め)にあります。
KAILASANATHA寺院
3KAILASANATHA
本殿の壁龕上部に彫刻され、象の皮を拡げ、象を踏みつけています。
KANCHIPURAMのIRAVATANESHWARA寺院(8世紀初め)です。
IRAVATANESHWARA寺院
4IRAVATANESHWARA
KAILASANATHA寺院と同じ8世紀の初めに建立された寺院で、こじんまりしています。
壁龕に彫刻され象の皮を拡げ、象を踏みつけています。
KANCHIPURAMのMUKTESHWAR寺院(8世紀中頃)の入り口ポーチに彫刻されています。
MUKTESHWAR寺院
5MUKTE011
お尻をこちらに向けて体をひねったポーズで未完成の石の上で踊っています。
足元ではガナもおどっています。
南インドのPATTADAKALにあるMALLIKARJUNA寺院(745年)です。
MALLIKARJUNA寺院
6MALLIKARJUNA
未完成ですが一目で「象の魔神を退治するシヴァ 」と解ります。
同じPATTADAKALのSANGAMESVARA寺院(8世紀初め)です。
SANGAMESVARA寺院
7SANGAMESVARA
これも未完成ですが「象の魔神を退治するシヴァ 」と解ります。
PATTADAKALのKASHIVISHVANATHA寺院(8世紀後半)の内部の柱の彫刻パネルです。
KASHIVISHVANATHA寺院
8KASHIVISHVANATHA
シンプルに象の皮を拡げています。
タミルナード州KALAIYURのAGASTYESHVARA寺院(10世紀)の壁龕です。
AGASTYESHVARA寺院
9AGASTYESHVARA(KALAIYUR)
この寺院は現在も使用されていますので、信者が供物を捧げていきます。
スリムで整った彫刻です。
PULLAMANGAIのBRAHMAPURISVARA寺院(10世紀初め)です。
BRAHMAPURISVARA寺院
10BRAHMAPURISVARA(PULLAMANGAI).jpg
彫刻が素晴らしい寺院です。
このチョーラ朝の寺院は本殿の周囲に堀が巡らされ祠堂が水に浮かんでいる様に設計されています。
「象の魔神を退治するシヴァ 」をはじめとしてたくさんの神話の彫刻が基壇に彫られています。 
南インドのカルナータカ州にある後期チョーラ朝寺院やホイサラ朝の寺院では良く見かけます。
LAKKUNDIのKASIVI SVESVARA寺院(12世紀)です。
KASIVI SVESVARA寺院
11KASIVI004.jpg
MUKTESHWAR寺院の様に尻をこちらに向けて体をひねったポーズで悪魔の上で踊っています。
ガネーシャやパールヴァティーもいます。
とても素晴らしデザインです。
BASARALUのホイサラ朝寺院MALLIKARJUNA寺院(1234年)の基壇はホイサラ朝独特の精密な彫刻で埋め尽くされています。
MALLIKARJUNA寺院
12MALLIKARJUNA(BASARALU).jpg
象の頭の上で踊っていますがシヴァ全体を象の皮で覆っている面白い意匠です。
HALEBIDのHOYSALESHWARA寺院(12世紀中頃)の彫刻も素晴らしい出来です。
HOYSALESHWARA寺院
13ホイサレーシュヴァラ
MALLIKARJUNA寺院と同じ意匠ですがさらに細かく精密です。
VELURのCHENNAKESHAVA寺院(1117年)です。
CHENNAKESHAVA寺院
14チェンナケーシャヴァ
重要なホイサラ寺院で圧倒的な腕の数、象の周りの人々、迫力があります。
DARASURAMの博物館に素晴らしい「象の魔神を退治するシヴァ」の彫像があります。
Nayak Palace Art Museum
15Darasuram, Nayak Palace Art Museum
シヴァのポーズが感動的です。Thanjavurの Rajarajesvara寺院で見つかりました。
象の魔神を退治するシヴァの彫刻も東南アジアでは見つかりませんでした。 

ホームページ  www.ravana.jp 

映画の話 その50(天国の門)

77ソムボ
これほど批判を浴び、酷評された映画もありません。
擁護させていただきます。
素晴らしい映画です。
ハーバードの卒業式、とても綺麗で素敵です。
この20分は必要かつ重要な時間です。
天国の門5
この20分にこれらの人達が、どのように関わって、どのように変わって行くのか考える時間です。
つまり重要なイントロなのです。
そしてワイオミングでのネイト(クリストファー・ウォーケン)の牛泥棒殺しです。
ここでどんな形でジム・エイブリル(クリス・クリストファーソン)との関係になるのかドキドキします。
天国の門4
ジム・エイブリルはワイオミング州ジョンソン郡の保安官となり地元で娼館を経営している娼婦の恋人エラ(イザベル・ユペール)のもとへ行きます。
ワイオミングの自然の中での二人はとても幸せそうです。
天国の門
しかしこの地では移民と牧畜業者の関係が悪化し、戦争が起きるかもしれない状況です。
さらに牧畜業者協会のリーダー、カントン(サム・ウォーターストン)は移民たち150人の処刑者リストを作成し、大統領の了承も得て、会議では多数決で可決されたのです。
そんなことをよそに集会場のローラースケートリンクで楽しそうに踊る移民達。
このシーンは素晴らしいの一言です。
天国の門3
そしてこのスケートリンクが悲痛な運命を決める議論の場に変貌するのです。
この映画の根底をなすのがジムとネイトとエラの三角関係です。
前作「ディア・ハンター」と同じです。
「明日に向かって撃て!」もそうでした。
大学の卒業式からラストの戦闘シーンまでこれほどのシーンを完璧の作り上げた人は知りません。
私達は観客です。
制作費がいくらかかろうと、制作時間がどのくらいかかろうと関係ありません。
この世の中で、大間産のマグロを使おうが、輸入マグロを使おうが、新人の職人が握ろうが、世界的老舗の大将が握ろうが値段は同じなのが映画なのです。
この恩恵にあずからない手はありません。
マイケル・チミノ監督が完璧主義者で映画会社がそれを許したために出来上がった偶然の傑作です。
これを見逃す手はありません。
219分は妥当です。
天国の門2
おまけにINTERMISSION付きです。
おそらくアメリカの映画評論家達は再評価すべきかどうか悩んでいるでしょう。
大作とはこういう映画のことを言うのでしょう。
天国の門7
マイケル・チミノ監督のご冥福をお祈りいたします。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp