映画の話 その32(ジョニーは戦場へ行った)

69コクロソノ
タイトルの「ジョニーは銃をとった(Johnny Got His Gun)」は第一次世界大戦時の志願兵募集の宣伝文句「ジョニーよ、銃をとれ(Johnny Get Your Gun)」の強烈な皮肉です。
ジョニー3
この映画は普通とは逆に現在が白黒、過去や妄想はカラーで描かれています。
第一次世界大戦の実写フィルムをバックにタイトルクレジット、その後とても長い沈黙で真っ暗な状態が25秒ほど続く。
やっと音声が入り白黒の映像がはいり、3人の医師が見つめる手術室であることがわかる。
ジョニー
医師達の話でジョーは胸と腹と性器だけは無事で意識も感覚もない植物人間状態なことがわかります。
延髄は無事なので心臓と呼吸中枢は機能しています。
そして興味本位の研究材料としてアメリカ軍のティラリー大佐がこの身元不明の負傷兵407号を引き取ることになります。
小脳の機能により身体的運動が見られるがこの運動に特別な意味はなく、大脳が甚大な損傷を受けているため研究するのだと言います。
喋れない、聞こえないジョーには痛みも喜びも記憶も夢も思考もないと思われています。
しかしジョーは皮膚の感覚や波動で人の出入りを感じます。
カラーに代わり出征直前のシーンで婚約者のカリーンがいることが解ります。
ジョニー4
またパン屋で働くジョーに父親が亡くなった知らせが届きます。
少しずつジョーの過去がカラーで解ります。
キリストが出てくる妄想シーンも有ります。
ジョーは手足がないこと、顎も舌も目も鼻もないことを感じ絶望するシーンは残酷です。
幻想のサーカスのシーンはフェリーニのようです。
ある日新しい看護婦が来ます。
ジョーは感覚で解ります。
看護婦はジョーを哀れみ涙を流します。
ジョニー2
看護婦はお花を生けてあげ、カリーンの思い出に堅くなった性器を愛撫してあげるのでした。
クリスマスにはジョーの胸に指でメリー・クリスマスとなぞってあげるとジョーは理解したのです。
初めて一方通行ですが意思の疎通が出来ました。
ジョーは子供の頃友人とモールス信号で電信を打ち合いました。
父親がそのことをジョーに思い出させ、頭を動かすことによってモールス信号で表現することができたのです。
しかし看護婦には理解出来ませんでした。
後日ティラリー大佐の回診がありました。
そのとき1人がモールス信号に気づきジョーがSOSを発信していることが解りました。
その人がジョーの額にモールス信号を打ちます。
「望みは何か」「サーカスの様な見せ物にしてほしい」「外に出すことは出来ない」「もしもあなた方が僕をみんなに見せたくないなら殺してくれ」「殺してくれ」「殺してくれ」大佐達はジョーを無視し出て行きます。
それを聞いていた看護婦は呼吸のチューブを鉗子でつまみ遮断します。
ジョーは彼女のために祈ります。
しかしそこに責任者が戻り鉗子を外し、元の状態に戻してしまいます。
最後はジョーのSOS助けてくれ、SOS助けてくれ、SOS・・・・・・・出終わります。
とても重く強烈な反戦映画でした。
私が大好きな江戸川乱歩の「芋虫」を思い出しました。
小説として大変面白いのですが反戦が中心のこの映画とは全く違うスタンスです。
原作者であり、脚本、監督のドルトン・トランボにスタンディンオベーションです。

8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp

旅の話 その5(街路樹)

サンチ−2塔005
アジアの街路樹の話です。
インドをドライブしていると焼ける様な日差しの中をひたすら歩いている人達がいます。
インドの田舎ではバスの本数も少なく、自転車もあまり利用されていません。
多少の距離は歩きます。
本来街道には樹木が植えられ日影がつくられていたはずですが現代では所々残っているだけです。
街路樹として植えられた樹木は、実が食用になるタマリンド、
1タマリンド
歯ブラシや虫除けになるニーム、
2ニーム
紫檀やローズウッドとよばれるシーシャム、巨大なマメがぶら下がるビルマネムノキ、
3ビルマネムノキ
火炎樹と呼ばれる鳳凰木(西インドで女性が髪に編み込む火炎樹の花は砂漠に映え美しい)、
4火炎樹グルモハル
釈迦が悟りを開いたインド菩提樹(とても大きな日影をつくるので樹下は人々の語らいの場になる)などがあります。
またマンゴーは沢山の美味しい実を作りますし、最近日本でも見られるようになったジャカランダはとても美しい紫色の花を咲かせます。
5ジャカランダ
初めて見た時は余りの美しさに絶句しました。
日本では桐の花が美しいですね。
バンコクではタイの国花ゴールデンシャワーが渋滞の町を黄色く染めてくれます。
6ゴールデンシャワーじゅ
私が好きなのはプルメリアです。
7プルメリア
花も綺麗ですが香りが素晴らしく、寺院の階段の両側に植えられています。
日本の桜も美しさでは世界でトップです。
街路樹は人々の生活と密接な関係を持ちます。
インドの村を訪れるとたいてい大きな菩提樹やガジュマルがあります。
周囲をレンガや石で囲われ、そこに村の男衆が集まります。
女性はあまり見かけません。
女性は水場や家の周りに集まり仕事をしながら世間話や夫の悪口(たぶん)で盛り上がります。
男衆は特に何するではなく日がな道路を見つめ、たまに政治の話をしているようです。
そんなところに外国人がやって来て遺跡見学しようものなら、興味で村は大混乱です。
場合によっては村長まで出てきます。
あまり大きくない樹下は午睡の場所です。
遺跡の内部も勉強や午睡の場所に最適です。
日影に入れば湿度は低く風が通るのでとても快適です。
大きな古い木には精霊が宿っていそうです。
すくなくとも何百年と人間の歴史を見て来ています。
従って地元の人はとても大事にします。
東南アジアやインドではこのような木の根元に石像や木像、お供え物などが祀られています。
特にインドでは「ナーガッカル」といって多産や豊饒を祈願するヘビ(ナーガ)の像を祀ります。
7AA1_0250
日本では沖縄にとても古く大きなガジュマルやアカギの木が有ります。
P2091776.jpg
とても古い木には精霊のキジムナーが住みついていると言います。
キジムナーは子供にしか見えません。
私がふざけて見たと言ったらそれは悪い霊ですぐにお祓いを受けて下さいと真剣に言われました。
上原正三 「キジムナー kids」はすべての人にお勧めの必読書です。

ホームページ  www.ravana.jp

寺院の彫刻 その40(パラシュラーマ)

PANATA058.jpg
ヴィシュヌの第6の化身パラシュラーマです。
ヴィシュヌは武士階級であるクシャトリヤによる尊大さや横柄さが、世の中を混乱に陥れた時、パラシュラーマ(斧を持つラーマ)に化身し、クシャトリヤを滅ぼし,バラモン(僧侶)至上の社会をつくったといわれます。
Parashurama-3.jpg
「ヴィシュヌ神はブリグ族の聖者ジャマダグニの息子パラシュラーマとして誕生し、成長するにつれ、斧の名人(シヴァに武術を習う)として知られるようになった。
この頃カールタヴィーリヤ王が狩りに出たとき、ジャマダグニに出会い、ジャマダグニは王を食事に招待し、サバラ(SABALA)と言う聖なる牡牛で歓待した。
サバラは望みの物を何でももたらしてくれる魔法の力を持っていた。
王はサバラが欲しくなりジャマダグニに譲ってくれるように頼んだが、ジャマダグニはこれを拒否する。
欲しくてたまらない王は力ずくでサバラを奪い、王宮に持って帰ってしまう。
外出していたパラシュラーマは家に戻り、事態を知ると、怒って斧を手に宮殿に押し掛け、兵士を皆殺しにして、王の首を斧で切り落としてしまう。

parashurama-2.jpg
王子達は恐怖にかられ、退散してしまう。
聖牛サバラを取り戻したパラシュラーマは意気揚々と家に戻った。
この話を知った父は王を殺したことを責め、贖罪の為に聖地巡礼を命じた。
聖地巡礼を終えたパラシュラーマはある日、兄達と外出する。
ところがその隙に、復讐を狙う王子達にジャマダグニは殺されてしまう。
父の殺害を知ったパラシュラーマはクシャトリヤの全滅を誓った。
それから王の息子達を斧で殺し、さらに21回にわたって武士達を徹底的に攻撃し、彼らを地上から消し去ったのである
」と言う話です。
Parashurama2
内容がクシャトリヤとバラモンの対決と言う内容なので寺院建築ではあまり見かけません。
せいぜい10化身のすべてが彫ってある寺院に限られます。
それと絵画ではわかりやすいのですが、彫刻の場合決まった形がわからないので彫刻があったとしても見逃してしまいます。
一般的に斧と弓を持ち、髭が生え、髪は頭頂で結っています。
中央インドにあるCHAUKHAMBHAの柱の彫刻です。
Parashurama-5Gyaraspur.jpg
  CHAUKHAMBHA TEMPLE 9世紀
  ヴィシュヌの10化身すべてが彫刻されている
  左下はガルーダか













ここには10化身すべてが彫刻されています。斧を持ったパラシュラーマの彫刻があります。
同じく中央インドのKADWAHAの寺院の楣に10化身の彫刻があります。
Parashurama-6Kadwaha.jpg
  KADWAHA TEMPLE 10~12世紀
  ドアーフレイムの上部に10化身
  左から2番目に斧を持つパラシュラーマが
  彫刻されています。






左から2番目に斧を持つパラシュラーマが彫刻されています。
中央インドSESAIのSURYA寺院のドアーフレイムです。
Parashurama-8Sesai.jpg
  SESAIのSURYA寺院 10世紀
  ドアーフレイムに10化身が彫刻されている
















斧を持つパラシュラーマが彫刻されています。
南インドのVIJAYANAGARAにあるラーマチャンドラ寺院の柱に彫刻されています。
ParashuramaRAMACHANDRA-9.jpg
  RAMACHANDRA寺院 15世紀
  マンダパの柱に彫刻されている













もう1つは壁面に彫刻され、右にラーマ、左にパラシュラーマが彫刻されています。
パラシュラーマがまだ生きているうちに、ヴィシュヌのもう一つの化身ラーマが地上に現れました。ラーマがシヴァ神の弓を折ったことでパラシュラーマは悩み、ラーマに対して力の競い合いを挑みます。この試合でパラシュラーマは敗れ、その結果天界における席から排除されます。
Parashurama-10.jpg
  RAMACHANDRA寺院 15世紀
  右のラーマに弓で挑むパラシュラーマ










彫刻ではありませんがカトマンドゥのPANAUTIにあるKRISHANA NRARAYAN寺院の壁面に描かれています。
Parashurama-7.jpg
  KRISHNA NRARAYAN TEMPLE
  ヴィシュヌの化身が全て描かれている
  王を殺すパラシュラーマ















東南アジアでは彫像は見つかりましたが彫刻はありませんでした。
6世紀にプノン・ダで発見された素晴らしい彫像です。
Parashurama-116世紀プノンダ

  プノンペン国立博物館
  6世紀 プノン・ダ様式
  パラシュラーマと言われている
 















東南アジアでは人気がなかったようです。

ホームページ  www.ravana.jp

音楽の話 その34(ANDWELLA)

ガンジーファ - 033
今回はAndwellaです。
ラジオ局に勤めている友人が持って来てくれたLPのなかにANDWELLA 「PEOPLE’S PEOPLE」はありました。
ピンクぽいセピアのジャケットです。
冬枯れた木立の中に4人が立っています。
見ただけでイギリスのバンドであることが解ります。
P8130322.jpg
メンバーを見るとDavid Lewis ( Vocals, Guitar, Piano, Organ)、Dave McDougall (Piano, Organ)、Dave Struthers ( Bass, Vocals)、Jack McCulloch (Drums)となっています。
大好きなピアノとオルガンが入っているのです。
期待に胸を膨らませA面に針を落とします。
「She Taught Me To Love」ベースとピアノの絡みが最高です。
そこにオルガンです。
ふるえが来ます。
David Lewisのボーカルととても黒っぽいコーラスがたまりません。
続く「Saint Bartholomew」もさらに泣かせます。
ザ・バンドを思わせますがイギリスです。
うしろのオルガンが最高です。マシュー・フィシャー顔負けです。
ギターが表に出ないのがとても良い。
「The World Of Angelique」は澄んだ音色のアコースティクギターとエコーの利いたDavid Lewisのボーカルが冬枯れた空気を伝えるとても美しい曲です。
P8130323.jpg
「Mississippi Water」はシングルカットされても良いタイトなロックナンバーです。
プロコルハルムの臭いがします。
最後の「I've Got My Own 」はトロンボーンが印象的な名曲です。
B面の一曲目はアップテンポな「Are You Ready」で始まります。
バンドを感じさせるナンバーでボーカルはもちろんリック・ダンコにお願いします。
「Four Days In September」はとても叙情的なピアノとボーカルで始まり、ドラムとベースが入ってくる所がとても良い。
「The World Of Angelique」と対比する「Lazy Days」、アルバムタイトルの「People's People」は黒っぽいコーラスとベースラインが印象的、「Behind The Painted Screen」はとても美しい曲でDavid Lewisが淡々と歌い上げます。最後の「All For You」はすべてを愛する人に捧げるこの唄があなたの唄ですと言う歌詞でエンディングにふさわしい曲です。
全曲David Lewisの曲です。
Andwella.jpg
David Lewisは北アイルランド出身でThe Method と言うバンドで1968年にロンドンに進出します。
そしてAndwella’s Dreamと言うバンド名でデビュー・アルバム「Love & Poetry」を発表します。
さらにAndwellaと短縮して「World’s End」をリリースし「PEOPLE’S PEOPLE」はセカンドアルバムです。
結局商業的には成功しなかったので「PEOPLE’S PEOPLE」後解散してしまいます。
アイルランド好きでプロコルハルム好きの私は毎日聞いていました。
エレキギターが表にです、センスの良い控えめなアコースティックギターが特徴です。
David Lewisの作る曲はどことなくアイルランドの香りがしますし、ザ・バンドとは違う枯れた感じがします。まるでアルバムジャケットの様な。

Ωベストアルバム 「PEOPLE’S PEOPLE」

8-2ウィジョヨクスモの花


ホームページ  www.ravana.jp

映画の話 その31(気狂いピエロ)

68バスデウォ
ヌーヴェルバーグの金文字塔と言われるゴダールの「気狂いピエロ」です。
公開されて1〜2年後に見ましたが、特別な印象はありませんでした。
記憶にあるのはカラーで色の使い方がとても面白いこと、「女と男のいる舗道」が大好きでアンナ・カリーナにまた惚れてしまったこと、いつも思うのですが、ジャンポールベルモンドがとても不味そうに一日中煙草をくわえている(決して吸っているわけではない)がいらつくなどでした。
あらためてみましたが最初の印象とあまり変わりません。
ピエロ
「フェルディナン(ベルモンド)は、金持ちの妻との生活に退屈し、逃げ出したい衝動に駆られていた。
そんなある夜、夫婦がパーティに出かけるため、幼い娘のベビーシッターがやって来る。
彼女はなんと、フェルディナンのかつての恋人マリアンヌ(カリーナ)だった。
パーティを抜け出し、1人で帰宅したフェルディナンは、彼女を車で送り、そのまま一夜を共にする。
翌朝目覚めると、彼女の部屋に、首にハサミを突き立てられた男の死体が。
驚く彼とは裏腹に、平然と朝食を作り歌うマリアンヌ。
フェルディナンは、わけは後で話すという彼女と一緒に、着の身着のままでパリを後にし、マリアンヌの兄がいる南仏へ向かう。
お金のない2人は、ガソリン代を踏み倒したり、物語を語ってチップをもらったり、車を盗んだり。
はては海岸の一軒家で、ロビンソン・クルーソーよろしく自給自足生活。
ピエロ3
フェルディナンは大満足だったが、マリアンヌは欲求不満を募らせ街に飛び出す。
そこで出会った小男(カルービ)がまたもハサミで殺され、マリアンヌは姿を消す。
フェルディナンはギャング2人組に捕まって、彼女の居場所を教えろと拷問されるが、何も知らないと分かり解放される。
マリアンヌを探し歩いたフェルディナンは、ようやく彼女を見つけるが兄と言われた男は恋人だった。
フェルディナンは二人を殺害し自分もダイナマイトを首に巻き付け火をつける。」
色の使い方が素晴らしい映画です。
パーティのシーンではカラーが赤、ブルー、モノクロに変わります。
その他衣装や小物に赤、青、緑が強調されます。
死体の血の赤とダイナマイトを巻き付けるフェルディナンの青いペンキを塗った顔が強烈です。
ピエロ2
一番の見所はマリアンヌが浜辺の林で歌う「私の短い運命線」、それに対してフェルディナンが歌い返す「君の腰の線」のシーンは「女と男のいる舗道」で踊るナナに勝るとも劣らないシーンです。
林の中を踊りながら歌うマリアンヌの身体の線は素晴らしい一言につきます。
おそらくゴダールも同じ思いでしょう(離婚はしましたが)。
色々斬新な手法やカメラワークを使った映画ですが、私にとってはすべてこのシーン(マリアンヌの腰の線)に集約される映画でした。
尻尾を持って振り回している犬のポーチ(口紅が入っている)も主役です。
もしもですがアンナ・カリーナの浮気が原因で離婚し、まだ未練たっぷりなゴダールが映画監督としての決着の付け方として、この映画を撮ったのならすべて腑に落ちる気がするのですが。
8-2ウィジョヨクスモの花

ホームページ  www.ravana.jp